おはようございます。
松崎です。
今日は、打ち合わせが多めです。
最後は、商店会の会合に出て来ます。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

皆さん、勤務先のパフレットってありますか?
もしくはオフィシャルのホームページはありますか?

ほとんどの会社が会社紹介のパンフレットやホームページはあると思います。

何故こんなことを聞くかと言うと上記のような勤務先の会社紹介などがない場合は
住宅ローンの審査に通常よりも時間を要したり、審査の採点(スコアリング)を低く
見られることがあります。

勤務先の状況によって自分の住宅ローンの審査に影響が出るんですね。

以前、こんなお客さんがいました。

年収や勤務年数、他の借り入れなど全く問題がないお客さんでした。
しかし、審査に3週間もかかり挙げ句の果てに審査は否決・・・

と言う案件でした。

何をそんなに時間がかかったかと言うと、勤務先の実態調査などが入った為です。
勤務先の実態調査・・・

それは銀行から見て勤務先の素性が分からない時に上記のように勤務先の実態調査が
入ります。

実際に銀行員が事務所に来て本当に事業を行っているか?
と言うのを確認しに来ます。

これは、勤務先のパンフレットやホームページがない時に、この様なことが起こります。
ホームページなどがあれば、会社概要や事業内容が分かりますからね。

わざわざ現地にまで確認に来る必要がありません。

もし勤務先の事業規模が小さく会社のホームページやパンフレットがない場合は
上記の様な調査が入る可能性がある事を覚えておきましょう。

銀行によっては、会社概要や事業内容をパワーポイントなどで作ったものでも
OKな銀行もあります。

覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。