おはようございます。
松崎です。
昨日、帰国しました。
やはり日本のお米は美味しいですね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

昨日、2年前に住宅ローンを組んだお客さんからこんな質問がきました。
繰り上げ返済の計画についてです。

このお客さんは当時9000万円を1,175%で借りていました。
今年の春に0.6%に借り換えたのですが、残債額が多かった為、1000万円近く
利息を減らす事ができました。

そのお客さんが今度は繰り上げ返済をするそうです。

1年毎に50万円OR100万円を繰り上げるのが良いのか?
10年後に500万円OR1000万円を繰り上げるのが良いのか?

と言う内容でした。

繰り上げ返済は、借りている金利や残存期間によって大きく変わってきます。
金利が4%でも残存期間があまり残っていなければ繰り上げ返済の効果がありません。

逆に金利が低い場合、残存期間が長くても繰り上げ返済の効果がない場合があります。

毎年、繰り上げるのと10年後に一括して繰り上げるのを比べると大差がない。
と言う事もあります。

金利と、残債額、残存期間とのバランスで毎年繰り上げか10年後などに一括して繰り上げ
返済をしたほうが良いのかは、分かれます。

今回のお客さんは、金利が低いですが、残存額と残存期間がある程度残っている為
10年後に一括よりも毎年繰り上げ返済した方が約30万円ほど得でした。

残存額が8000万円以上あるので上記のような結果になりました。

金利と残債額や残存期間によっては、毎年繰り上げと10年後に一括繰り上げは
差がなくなっていきます。

覚えておいください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。