おはようございます。
松崎です。
タイトな案件が入ってきてかなりバタバタです。
しっかりこなしていきたいと思います。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

以前、こんな相談を受けました。

お客さん「住宅ローンを5ヶ月滞納していて・・・」

住宅ローンを滞納するとどうなるかは大体想像がつくと思います。
土地と建物が差し押さえられ競売にかかります。

競売になったら入札が行われ落札されれば新しい所有者から退去させられる事になります。
こうならないためにも住宅ローンの滞納は絶対にしてはいけない。

しかし、万が一滞納してしまったら何ヶ月で取り返しのつかない事になるのだろうか?

住宅ローンを滞納してしまった後の流れを簡単にご説明します。

・滞納3ヶ月〜6ヶ月で抵当権を付けていた銀行から保証会社へ債権が異動します。
銀行は、この人からはお金を返してもらえないからこの人を保証した保証会社から一括返済をしてもらいます

これで銀行は安心・・・
銀行に返済をした保証会社は、銀行に変わって本人にお金の返済を請求して来ます。
一括返済です。
分割返済ではありません。

一括返済できなければ売却しなさい!という流れになり売却をすることになります。
この売却活動に与えられる猶予は大体3ヶ月〜6ヶ月くらいです。

物件によっては1年近く猶予をもらえることもあります。

ここで売価先が決まらなければいよいよ競売になります。

大体この様な流れです。
今回相談のあったお客さんは滞納5ヶ月目でした。

お金を借りていたのがフラット35(住宅金融支援機構)だったため滞納しから6ヶ月の猶予がありました。
一般の銀行だと住宅ローンの滞納は3ヶ月すると債権が銀行から保証会社へ移り一括返済を請求されます。

住宅ローンを借りている銀行によって債権異動までの猶予が違います。
だからといって滞納して言いという問題ではありません。

また、住宅ローンを滞納してしまうと団体信用生命保険の補償も失効してしまうこともあります。

保険が失効され万が一の事があっても保険金が下りず住宅ローンが完済されない・・・
なんて言うことも考えられます。

住宅ローンは出来れば滞納する前に銀行に相談に行きましょう。
返済に関しての条件を見直してくれる可能性もあります。

覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。