おはようございます。
松崎です。
今日から11月ですね。今年もあと61日・・・早いものです。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

住宅ローンの申し込みをしようと思ったら申し込み条件が自分とは合わない・・・

と、お客さんに言われた事がありました。
住宅ローンのパンフレットを見ると申し込み条件が色々と記載されている。

年収・勤続年数・勤務形態などなどたくさんの条件が書いてある。
そのお客さんは勤続年数が短かった為、自分はこの銀行では審査が出来ないと思っていました。

実際にこのお客さんの勤続年数は8ヶ月。
銀行のパンフレットに記載されていたのが1年以上。

4ヶ月ほど足りませんでした。

しかし、皆さん覚えておいてください。
銀行のパンフレットに記載されている事は悪まで基本的なルールです。

例外もあるのです。

このお客さんは、勤務先の規模は小さかったですが上場会社の100%子会社でした。
その為、勤続年数が短かったですが問題無く審査が通り住宅ローンの融資実行が出来ました。

それ以外にもパンフレットに変動金利○%と書いてあってもそれ以上に下がる事もある。
裏メニューです。

銀行のパンフレットに記載されている内容は悪まで基本的な事です。

審査に関しては総合的な判断をしますので1つだけ審査基準に合わなくても諦めなくても平気です。

覚えておきましょう。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。