おはようございます。
松崎です。
今日は、午後から都内の保険会社さんで打ち合わせです。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

昨日、住宅ローンの相談を3件受けてきました。
1件目は借り換え相談で利息軽減額はおよそ440万円で2件目の借り換えが
およそ1100万円の軽減でした。

1000万円超え久しぶりです。

3件目は同じく借り換えと新規での融資付でした。

借り換えってすれば安くなると分かっている人が多いんですが銀行へ行くのが
面倒だったり手続きがよく分からない。

という人がたくさんいます。

今日は、借り換えのメリットがある人はどんな人になるのかお話ししたいと思います。

よくインターネットで借り換えのメリットのある人は条件は下記の様に書かれています。

・住宅ローンの残存期間10年以上
・住宅ローンの残債額1000万円以上
・借り換え後の金利差が1%以上

この3つが当てはまれば借り換えの効果が見込めます。
と書いてありますが、3つ全てが当てはまらなくても効果があります。
特に金利差1%はなくても残存期間や残債額で十分にメリットが出ます。

例えば今日の3件目の方は金利差が0.5%くらいですが約300万円ほど
利息が下がりそうでした。

この様に現在の金利が1%前半でも借り換えの効果が出る可能性があります。
銀行に多く利息を払うのだったら払わないで自分たちの為に使った方がいいですよね。

皆さんもご自身の金利が今何%になっているのか確認してみましょう。
利息が軽減するという事は銀行に払うはずのお金を払わなくて済むという事です。

一度確認してみましょうね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。