おはようございます。
松崎です。
今日は、定休日です。
ゆっくり過ごしたいと思います。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

先日、住宅ローンの相談を受けた時の事です。

お客さん「自己資金が全くなくて諸費用も一緒に借りたいんですけど大丈夫ですか??」

自己資金が一切無い・・・
こう言うお客さんもいます。

不動産のチラシを見れば「頭金0円」とか書いてあるチラシもありますからね。
自己資金を使わずに不動産を購入しようとする人はいます。

では実際に自己資金を一切使わず住宅を購入できるのでしょうか?

一昔前は住宅を購入する際は「頭金2割」なんていう言葉がありました。
これは、現在の住宅金融支援機構の前の住宅金融公庫時代の話です。

当時、住宅ローンは住宅金融公庫!という時代時に住宅金融公庫で住宅ローンを借りる際に
融資上限が8割だったため自己資金が2割必要でした。

その名残で頭金2割という認識が親の世代に残っていて子供が家を買う時に「頭金2割は必要だぞ!」などと
聞いていたりしているので何となく世間的に頭金2割というのが残っているのだと思います。

実際のところは、物件価格+諸費用分を全て住宅ローンでまかなう事は可能です。
諸費用は購入する物件にもよりますが、物件価格の5%〜10%近くかかります。

3000万円の物件を購入すれば諸費用が150万円〜300万円掛かるという事です。

そして諸費用まで貸してくれる銀行もありますが、これもまちまちです。

「うちは諸費用まで貸せないんですよ」という銀行もあれば「大丈夫ですよ!」という銀行もある。
中には、諸費用部分のみ金利が高い場合や諸費用も借りる事になると審査が厳しくなる銀行もある。

銀行によって対応はまちまちです。

諸費用まで借りる際は、審査や融資に不利な条件がつかない銀行を探すのがコツです。

覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。