おはようございます。
松崎です。
今日も一日事務処理です。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

以前、住宅ローンの相談で銀行からこんな事を言われた。
ご夫婦と子供が2人いるご家庭でハウスメーカーで家を建てる予定のお客さんでした。

審査を進めている中で銀行からこんな事を言われた。

銀行「このお客さんって本当にこの家に住むんですか?家族4人なので2LDKですよね」

確かに家族4人で2LDKというのはちょっと狭い・・・
本来であれば3〜4LDKが一般的です。

銀行担当者はそこを突っ込んできました。

余りに違和感のある間取りは審査で引っかかる可能性があるのです。

こんなお客さんもいました。
独身の男性で土地を購入してハウスメーカーで建築を計画していました。

1人で住む家なのに延床面積が280㎡・・・
1階のLDKは50畳ありました。

一般的なはご家庭のLDKが20畳前後なのに対して48畳・・・

案の定銀行担当者から「こんな広いリビングいります?何か商売をするんですか?もしかして賃貸とかに
しないですよね?」と言われてしまいました。

私も気になったので事前に理由を聞いていましたが、友人を呼んでパーティーをする事が
多いそうでこの広さらしいです。

銀行は、居住物件にすむ家族構成を審査時に確認します。
家族構成に釣り合わない間取りは審査時に銀行から変な疑義を生じさせます。

覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。