おはようございます。
松崎です。
今日は出雲からブログを書いています。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

よく、住宅ローン審査のゆるい銀行を教えてください。
と質問を受けることがある。

審査のゆるい銀行・・・
そんな銀行あるのでしょうか?

私は全ての審査項目においてゆるいという銀行はないと思っています。
そんな銀行があれば本来貸してはいけない人も借りれてしまうかもしれない。

そんな事になれば支払いが出来ず焦げ付く人も出てきます。
そうならない為の審査です。

実際に審査のゆるい銀行はなくても審査項目ごとに審査基準の低い銀行は
存在します。

フラット35は勤続年数や勤務形態、自己資金など関しては基準がゆるい。
名前は出しませんが、ある都市銀行は信用情報に対しての基準が若干ゆるい。
その他にも購入物件の担保評価にゆるい。

と銀行によって様々です。

住宅ローンの申し込み時にどこの銀行へ申し込めば通りやすいのか?
障害になりそうなポイントを考慮の上銀行を選定する必要があります。

全ての審査項目に対してゆるい銀行はありませんので申し込み時に障害になりそうな
ポイントに対してゆるい銀行を選定しましょう。

そうすれば、審査も通りやすいはずです。

覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。