おはようございます。
松崎です。
今日は、これから芦ノ湖へ商店会のゴルフコンペに行ってきます。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

住宅ローンの審査が承認になると銀行は、貸付の条件を出してきます。

・金利○○%
・期間○○年 
・保証料○○万円
・追加資料で○○の提出
・給与口座への指定
などなど銀行によって出してくる条件や追加書類は様々です。

その条件をクリアすれば住宅ローンを貸しますよ。
という意味になります。

この中で一番気になるのが適用金利だと思います。
自分は金利何%で借りれるのか?

住宅ローンは高額になりますので金利が少し高いだけで支払い合計は数十万円も数百万円も変わります。
少しでも安い金利で借りたいというのが本音だと思います。

皆さん、余り知りませんがこの銀行が出してきた条件などは覆す事が出来ます。
金利などは交渉によっては下げてもらう事も可能なのです。

ただし金利が最低値ではない時の話になります。

以前、私のお客さんでメインバングで住宅ローンの審査を出したら金利が0.775%で保証料内枠方式で金利+0.2%
併せて0.975%という条件を出してきました。

お客さんはこれでは納得できず直接交渉しましたが金利は下がらず・・・

こんな時、簡単な交渉方法としてはたの銀行の審査結果を踏まえて交渉をすると良い方向に
進む事があります。

例えば、今回のメインバンクが0.975%と言っているがB銀行での審査結果は0.675%だった。
という事をチラつかせながら交渉をするのです。

ただ、単純にB銀行の方が低いから下げてよ!
というやり方ではうまくいきません。

「じゃB銀行にすれば!?」と言われてしまえばそれまでです。
あくまで交渉ですからね。

ちなみにこのお客さんは交渉して金利を0.625%まで下げてもらいました。
交渉がうまくいけばこの様に下げられます。

覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。