おはようございます。
松崎です。
今日は、銀行へ決済に出席した後に打ち合わせが2本入ってます。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

住宅ローンは、審査を通すまで色々と資料請求を受けたり銀行と面談をしたりと
色々と大変です。

では、住宅ローンの融資が実行された後はどうなるでしょう!?
住宅ローンは借りてしまえば後はどうなっても平気!

と、思うかもしれませんが住宅ローンは融資を受けてからも色々とルールがある。
今日は、そのルールを大まかにご説明したいと思います。

例えば1階部分を居住用スペースから事務所や店舗をしてしまった・・・
こういった場合は、住宅ローンを借りた銀行へ事前に相談することを
オススメします。

その他にも、申込者の住所変更、名前変更、差し押さえや倒産や破産をする場合は
必ず銀行へ連絡しなければならない。

連絡しなかった場合、何らかしらのペナルティーが発生することも考えられます・
そう考えると住宅ローンを借りてからもルールによって意外に縛られている。

勤務先の提携銀行を利用している場合、勤務先を退職したら連絡ください!
と言ってきた銀行もありました。

住宅ローンは審査を通して借りるまで大変ですが、借りた後も
色々なルールに縛られています。

銀行と行う金消契約時にしっかり住宅ローンのルールについて約定書を
確認しておきましょうね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。