おはようございます。
松崎です。
今日は、八重洲のアポの後に食事会で鉄板焼きに行って来ます。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

銀行によっては、審査の際に面談をしたいと言ってくる銀行もあります。
そう言った場合は、私も基本的に同席するのですが以前、どうしても同席できない
お客さんがいました。

特に問題のないお客さんだったのですが、否決になってしました。

その後、銀行の担当から連絡があり「離婚していて慰謝料を払っているようなので
今回厳しいです」と言われてしました。

慰謝料などは本来聞かれないのですが、面談の際にお客さんも緊張してしまい
離婚していることを話してしまったそうです。

慰謝料は、銀行にとっては隠れ債務と言われています。

毎月数万円払っていれば住宅ローンの返済にも大きく影響します。

銀行にとっては知りたい情報の一つですが、自ら慰謝料を払っているか?
なんて言う質問は離婚している事が分からなければ聞いてきません。

このお客さんは、住民票などの公的書類を見ても離婚していることは
分からないお客さんだったので私もあえて銀行には話しませんでした。

そうしたら面談の際にお客さんが話してしまった・・・
と言う感じです。

面談などは銀行に聞かれたことだけを話すのが無難です。
言う必要のないことまで喋ってしまうと藪蛇になってしまう事があります。

覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。