おはようございます。
松崎です。
今日は、夕方からジムに行って運動してきます。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

先日、かなりキツい住宅ローンの案件相談がありました。
不動産会社さんで提携銀行など数行に申し込みをしたが全ての銀行で否決でした。

良い物件だから何とか購入したいと言う事でご相談に来られました。

審査に通らない原因は、本人も分かっていて過去に携帯電話の端末機の支払いを怠り債権が異動していました。
世間で言うブラックという状態です。

この状態になってしまうと不動産担保ローンなどのノンバンク銀行しか貸してくれません。
その為、金利がある程度高いのはご了解の上で審査を行いました。

その際に銀行から資産背景を聞かれた際に預金が600万円あると話していました。
そうなると当然銀行は、通帳を見たいと言ってきます。

後日、通帳のコピーを持ってきたのですが一番最後の記帳に600万円入金となっていました。
銀行担当者も「これはどこから移動してきたお金ですか?」
と言われお客さんは「もう一つの口座から・・・」と話しました。

銀行担当者「ではもう一つの口座の通帳も見せてください」と言いお客さんとのやり取りを見ていた時に
私は、「もしかして・・・見せ金か!?」と思いました。

見せ金とは自分のお金ではなく他から借りてきたお金を自分の口座へ入金してあたかも自分の預金であるかの様に
見せる事です。

面談後にお客さんに「あの預金はご自身のですか??」と聞いたら親戚から1日だけ借りました・・・
と言われました。

これでは自分の預金ではありませんので当然、資力は0です。

案の定、銀行の審査は否決・・・
今回住宅ローンを通す事を諦めてもらいました。

預金は見せ金では意味がありません。
銀行としては、その原資をどうやって貯めたのかも気になるところです。

毎月5万円預金している、親からの贈与とかであれば良いのですが親から借りたなどでは意味がありません。

見せ金はプラス材料にはなりません。

気をつけましょうね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。