おはようございます。
松崎です。
今日は、不動産会社さんの調査業務があります。
実務指導をしてきます。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

以前、現場監督をしている時にこんなお客さんがいました。

基礎工事が終わり1階の壁まで出来上がっていました。
休みの日にお客さんが現場に来て自分の名刺を取り出し柱の間や継ぎ目になどに名刺を差し込み始めました。

そして・・・
隙間がある!欠陥住宅だ!!と騒いだのです。

ちょっとした隙間を見ては名刺を差し込む・・・

凄いお客さんでした。
このお客さんは、そのままキャンセルになりました。
1階の壁まで出来ていましたからね。
全て壊しました・・・

そもそも隙間はあるものなのでしょうか?
コンクリート造であれば隙間はほとんどありませんが木造などではちょっと隙間は生まれてしまいます。
場合に寄っては鉄骨造でもあります。

木造は、同じ大きさの角材でも全く同じ寸法とは限りません。
90mm × 90mm の角材でも大きさは違います。

89mm × 91mm だったり 88mm × 90mm だったりします。
とくに木材は、季節によっては湿度の関係で膨張も収縮もします。

部材も均一ではないのです。
これは鉄骨でも同じです。

そして施工誤差があります。
人が作る物なので全くの平らやまっすぐには作れないのです。
部材に誤差があり施工も誤差があるとなると多少の隙間はどうしても生じてしまいます。

それを踏まえても建築会社は補償するのですから隙間が大問題とは限りません。
ただし、各建築会社にも施工の許容誤差がありますので許容範囲を超えた隙間などに関しては是正の対象に
なってきます。

家づくりって新車を購入するのとは少し違い完成しても傷などもあります。

傷なんて許せない!隙間もダメ!水平、垂直もまっすぐでないとダメ!部材の大きさも均一じゃないとダメ!といわれてしまうと
そんな家はありません。

戸建てとはそういう物だと思っておきましょう。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。