おはようございます。
松崎です。
今日は、朝一で地主さんとの打ち合わせがあります。
その後は野暮用で山中湖へ行ってきます。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

先日、3年ほど前にご相談を頂いたお客さんから久しぶりにご連絡がありました。
当時、現在の家を売却して土地を購入して家を建てる際の住宅ローンのお手伝いをしていました。

結局、良い土地がなくそのまま自然消滅した案件です。
そのお客さんから久しぶりに電話がありました。

実は、家は売却せずに賃貸に出しており自分達は中古住宅を購入して住んでいる・・・
賃貸で貸している家の住宅ローンの借換えをしたい。

という相談でした。

借換え対象物件は住宅ローンです。
しかし賃貸に貸し出してしまっています。

これって借換えできるのでしょうか?

以前にも似たような話をブログで紹介しましたが、現に居住していない物件は借換えが
出来ません。

この手の相談はたまに来るのですが借換えは出来ないのです。
現に居住しているか否かの判断は住民票で行う事がほとんどですが、借換えをするために
一度住民票の住所を借換え対象物件に戻せば良いんだろう!?

と言ってくる人もいますが、そうはいきません。
銀行の担当者もバカじゃありませんので借換えするために住民票を移したのは分かります。

転勤して戻ってきた!
のような正当な理由があれば別ですが、しっかりとした理由が必要です。

借換えは、現に居住している物件が基本になります。

覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。