おはようございます。
松崎です。
今日は、不動産協会のゴルフコンペに出席してきます。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

住宅ローンのコンサルをしていて困るのが夫婦でお互いの債務を隠している事があります。
住宅ローンの申し込みをする際は、既存の借入を告知する必要があります。

夫婦で申し込む場合は、二人とも既存借入を告知します。
そんな時に
「このカードローンは夫には言っていないのでバレないようにしたい」
と言われる事がたまにあります。

これって結構困るんですよね。

申込書には既存借入を記載しないといけないので書かないわけにはいかない・・・
記入後も支払いの明細や完済証明書・残高証明書をお願いする事もあります。

完済証明書や残高証明書は自宅に郵送で届きますから、ご夫婦のどちらかが見つけて
しまう可能性もあります。

それをバレないようにしたいというのは中々難しいのです。

以前、こんなお客さんがいました。
住宅ローンの審査で落ちてしまったお客さんでどう考えても審査に落ちる属性では
ありませんでした。

支払い関係の遅延も確認しましたが特に遅れた事は無いとの事だったのですが
その日、奥様から個別に連絡があり、実は奥様がご主人のカードで支払いを
忘れた事が数回あると告白されました。

また、その事をご主人は知らないので言わないでほしい怒られるから・・・
と言われてしまいました。

住宅ローンの審査はお互いの債務を隠しながら進めるのは難しいです。
もし隠している債務があるのであれば早めにご夫婦で解決しておきましょうね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。