おはようございます。
松崎です。
今日は新規で地主さんのご紹介があり相続の相談を受けてきます。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

どんな会社に勤めていると住宅ローンってどういう人が通りやすいのだろう??
うちは平気なのかな?

と思っている人もいるかと思いますが今日はちょっとその辺をお話ししてみます。

世の中にはたくさんの会社がありますが大まかに分けると
上場企業、非上場企業、公務員、中小零細企業、個人事業主だと思います。

この中で銀行が好みなのは上場企業ではなく公務員です。
審査の際はほぼ同列だと思いますが公務員の場合、倒産などの心配がありませんのでその点を考えると
公務員が一番ではないかと思います。

なので私が思うに公務員、上場企業、非上場企業、中小零細企業、個人事業主の順番だと思います。
ここで難しいのは職種や役職によっては銀行は敬遠します。

例えば、非上場企業の役員は会社の決算内容に応じて自己資金の必要な額を提示してくる可能性があります。
物件価格の3割入れて欲しいと言われる事もあります。

個人事業主だけど開業医や弁護士、税理士などの場合は他の個人事業主ほど審査が厳しくない事もあります。

逆に上場企業の場合はいくら大きい会社でもニュースで会社の業績が悪い、上場廃止、倒産の可能性などが
流れてしまうと審査に大きな影響を与えます。

場合によっては、上場企業でも審査に通らない事もあります。

この様に勤務先の状況で審査は有利にも不利にも働きます。
なので一概に「うちは上場企業だから!」とか「個人事業主で厳しいかも」という事はありません。

住宅ローンの審査は、あくまで総合的な判断で行われます。
支払い不良があれば勤務先は関係ありません。

覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。