おはようございます。
松崎です。
今日は、恵比寿でグループ会議があります。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

住宅ローンは一般的に保証会社を付けて貸付を行う。
申込人の保証するのが保証会社になります。

保証会社が付く事によって銀行も安心してお金を貸せる。

保証会社の役割は、万が一申込人が住宅ローンの返済ができなくなってしまった場合に
保証会社が代わりに銀行に一括返済をしてくれる。

なので銀行としてはありがたい。
銀行が一番嫌なのは貸したお金を貸してもらえないという事ですからね。
銀行としては返してもらえないというリスクがなくなる。

その為、住宅ローンの審査基準は保証会社の基準がウェイトを占めている。
保証会社も支払いの悪い人の保証はリスクがあります。
本人の代わりに銀行へ一括返済しなければならないのですからね。

そして銀行は保証会社を付けない場合でも住宅ローンを貸してくれる。
プロパーローンです。

プロパーローンとは、保証会社を使わない為、万が一申込人の返済が出来なくなってしまった場合
銀行は、自らの責任で資金を回収しなければならない。

保証会社が付いていれば保証会社が一括完済してくれるが、プロパーは保証会社を
使っていない為、後ろ盾がない。

銀行にとってはリスクが高すぎる案件です。

その為、プロパーローンで住宅ローンを借りれる人は、よほど信用の置ける人になります。
審査はすごく厳しいが柔軟な対応をしてくれる。

保証会社がダメだという案件も銀行の裁量で貸してくれる。

住宅ローンには保証会社付きとプロパーローンがある。
参考までに覚えておいください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。