おはようございます。
松崎です。
今日は、寄るに地主さんとの会食があります。
どうやらご馳走してくれるみたいです。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

久しぶりに差押が入っている物件の住宅ローン相談がありました。
差押とは主に税金などを滞納している場合、市区町村が滞納者の不動産を差押さえます。

差押が入っている場合の物件に関して購入者は住宅ローンの融資を受ける難易度が高くなります。
それは購入者の問題ではなく差押が入っている売主さんの問題です。

差押が入っている時点で売主さんはお金がありません。
お金がないから差押が入っているのですからね。

その場合、購入者の銀行がこんな事を言ってくる事があります。

融資をする前に差押を抹消してもらってください。

融資をする前という事は売主さんには、まだお金が入ってません。
この手の売主さんは、売却したお金で滞納している税金関係を払おうと思っていますので
事前に払うという事は出来ません。

そして差押を入れている市区町村も全額払うまで差押を抹消しません。
滞納している100万円のうち90万円納付します。
と言っても、抹消はしてくれません。全額納付が基本になります。

そうなってしまうと差押が付いている状態でも融資をしてくれる銀行に住宅ローンの申し込みをするしかありません。
融資を実行してもらいその場で差押を抹消をする。

この対応を取ってくれる銀行を探さないといけないのです。

差押が入っている物件を購入する時は、融資銀行を吟味しましょうね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。