おはようございます。
松崎です。
今日は、生憎の天気ですね。
お客さんとゴルフに行ってきます。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

先日、住宅ローンの相談を受けた際にこんなご相談を受けました。
お客さん「実は年金を滞納していて住宅ローンの審査は大丈夫でしょうか??」

滞納している・・・気になりますよね。
今回のお客さんは国民年金の滞納でしたが以前私のお客さんでも住民税を滞納しているお客さんがいました。

住民税、国民年金、国民保険これらは滞納してしまうと住宅ローンの審査にどんな影響が出てしまうのか・・・
そもそも上記の税金は一般的に給与天引きにされる事が多いので滞納する事は出来ないのですが
個人事業主の方は給与天引きがありませんので自ら納付もしくは口座振替をする必要があります。

納付を行わないと滞納になってしまうんですね。

結論から言うと住宅ローンの審査には、ほぼ影響がありません。
ただ、対応は良くないですからね。

ほぼと言うのは稀に住民税の納税証明書のや国保、年金などの領収書を求められる事があります。

税金関係は、信用情報機関には支払い履歴が登録されていませんので滞納しているかどうかは分かりません。
審査の際も上記の支払いが分かる資料を求めてくる事もほぼありません。

しかし、稀に支払った事が分かる資料を求めてくる事があります。
どんな時かというと・・・

審査をしている担当者の感覚です。

この人、ちゃんと払っているのかな??
と審査担当者の個人的感覚で求めてくる事があります。

同じ個人事業主だけど前回は求められなかったけど今回は資料を求められた。
という事は何度も経験しています。

特に決まりはなく担当者の気分!というか怪しんでいる時ですね。

もし滞納しているのであれば払っておきましょうね。
溜まってしまうと支払うのも大変ですから毎月少額のうちに払っておきましょうね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。