おはようございます。
松崎です。
今日は、住宅ローン審査の書類チェックがあります。
ミスがないようにチェックしたいと思います。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

先日、アパートローンの件でこんな事がありました。

上場企業勤務の35歳で年収も1000万円あり申し分ない。
希望借入額は9000万円だったので特に問題視していませんでした。

大手町にある銀行の担当者に1年ぶりに電話で相談したら「ちょっと厳しいですね〜」と
言われてしまいました。

今までこの手のお客さんは全く問題無く審査に通っていましたしが今回は、審査に出すまでもなく
断られてしまいました。

そのすぐ後、担当者から電話が掛かってきてこんな話しがありました。

銀行員「今年の4月に支店長が変わったんですよ・・・」
と言われました。

ローンの審査が受けられないのと支店長の移動は全く関係の無いような感じます。

ですが、銀行の支店長が変わるのは私たちにとっても嫌なのです。
その理由はアパートローンです。

実は、アパートローンの融資は各支店の支店長の采配で変わってしまうのです。
支店長の方針でアパートローンより住宅ローンを取れ!

と言われれば行員は右向け右で全員そちらを向きます。

支店長の中にひはアパートローンに消極的な支店長もいるのです。
そんな支店長がアパートローンは取るなと言ってしまえばその支店のアパートローンの審査は
厳しくなる。

そもそも入り口の時点で支店峰がアパートローンが嫌いといれば、その支店でアパートローンの
審査を通すことは困難になってきます。

同じ銀行のなのにA支店はアパートローンを取り扱ってくれるけどB銀行はなかなか取り扱ってくれない・・・

何てこともあるんですね。

これからアパートローンを組む予定の人は提出先の銀行と支店に気をつけてくださいね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。