おはようございます。
松崎です。
9月に入り涼しくなってきましたね。
冬に向かってますね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

先日、アパートローン案件で久しぶりにかなり楽な案件の相談を受けました。

年齢は60才で年収も200万円を切っていました。
購入物件は8000万円。
諸費用を含めると8600万円ほどでした。

これだけ聞くとローンを組むのは厳しい案件に思えますが今回は冒頭でも
お話ししているとおり楽な案件でした。

必要資金8600万円のうちローンで利用するのは、たった2000万円だけだったのです。

と言うことは自己資金が6600万円。
これが理由で楽な案件でした。

住宅ローンやアパートローンを通す際に大きなプラス材料になるのが自己資金の多さや
無担保の不動産の所有です。

銀行は、お金を貸す際に資金の返済がしっかり出来るのか?もしも出来なかった時に資金を
回収できる手立てはあるのか?

という事を気にします。

銀行としてはお金が回収できないのを一番回避しなければなりません。

その為、今回は自己資金の多さと購入物件の資産価値が高かったため
相談を受けた時点でかなり楽な案件だと判断しました。

以前もブログで書きましたが建物の建替え案件は申込者の属性が多少厳しくても
審査に通る可能性が高いと言うことを紹介しました。

建替え案件は既に土地がありますからね。
無担保の土地を所有していますから。

現金持ちと不動産持ちは多少審査が厳しくてもプラス要素が多きため審査には通りやすい。

覚えておきましょう。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。