おはようございます。
松崎です。
実は、今日誕生日です。
37歳になりました。充実した1年にしたいと思います。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

久しぶりに破産している方の住宅ローンの相談を受けました。
破産していたら住宅ローンなんて借りれないでしょ!

と思いますよね。
俗にいうブラックというやつです。

借りれなくはないのですが、やはり厳しいは厳しいです。

破産したという記録は全銀協で10年を超えない範囲で保存されています。
そのため、10年を越えれば信用情報からは削除されます。

そこで10年を超えたので住宅ローンを借りたという相談でした。

実は10年を超えていても住宅ローンは借りられない事も多々あります。
こういう方の場合、ポイントがあります。

まずは、破産当時の債権者はどこか??
という事です。

破産した際に債権者の中にA銀行があれば10年を超えていてもA銀行に住宅ローンの審査を
出せば「以前、破産したやつだ!」となりますよね。

全銀協の信用情報からは削除されてもお金を貸してもらえなかった銀行からしたら
その記録を10年で削除するなんていう必要はありません。

また破産されたらたまったもんじゃありませんからね。
なので債権者側には永年記録が残っていると思っておいた方が無難です。

なので住宅ローンの審査を出す場合は、破産時の債権者及びその繋がりのある銀行には
審査を出してはいけないのです。

破産者の方の場合、そこは大きなポイントになります。

覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。