おはようございます。
今日は、書類作成がたまっているので仕上げたいと思います。
意外と書類作成が多いんですよね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

住宅ローンの審査は大きく分けて二つの審査項目があります。
物件と申し込み人本人の審査です。

物件の審査とは、その物件にどれだけのポテンシャルがあるのか?
という事ですね。
要は、物件の価値です。価値が低いものには銀行は融資してくれません。

極端な話をすれば100万円の価値しかない土地に2000万円の融資はしてくれません。
何かあれば銀行は大赤字です。

そして申込み人の審査です。
この申込み人の審査で以前こんな事がありました。

年収も特に問題ないお客さんでした。
審査に落ちる要素は年収や自己資金割合、支払いの遅延など一般的に審査に落ちる人の様な
理由は何一つありません。

ですが、私はかなり高確率で落ちると思っていました。
一生懸命働いている本人には、なかなか言いづらい事だったのです。

結果、即日で審査に落ちました。

理由は勤務先です。
ある一定の業種に勤めていると高確率で審査に落ちるという業種があるのです。

案の定、審査に落ち銀行の担当者が言った事は
「この業種は、暴力団との関係性がないと証明できないので・・・」

そうです。
歩いて一定の業種とは、風俗業の事です。
お水の方ではありません。映像関係です。

本人の年収や自己資金、支払い状況などが審査に大きく影響すると思っている
人も多いと思いますが、業種などの勤務先も審査に大きく影響するんですね。

こうなってしまうと転職するしかないのか!?となってしまいますが、きっと取り扱って
くれる銀行もあるはずです。

覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。