おはようございます。
松崎です。
休み明け仕事が溜まっていましたが決行はかどっています。
今日も一気に進めて行きます。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

先日、お客さんからこんな質問を受けました。
新築の建売を購入したお客さんでローンのお手伝いをしました。

その時に、「契約書に土地と建物の内訳が書いてあるんだけど、うちの建物ってこんなに安いの??」
と言われました。

契約書を見てみると土地価格が約2600万円で建物価格が約800万円ほどで
合計3400万円の売買契約です。

確かに800万円で新築の建物だとちょっと安すぎる様な気がします。

安い建築会社さんに依頼をしても1500万円は掛かります。
それが半額近い値段・・・

もしかして手抜き工事なのか・・・使われている部材が極端に安いものなのか・・・
安かろう悪かろうと心配していました。

実は、土地建物の内訳金額で建物代金を低くする事は良くあります。
これは、特に建物が本当に安いのではなく売主側の税金対策なのです。

税金対策??

建売などを行っている業者さんは課税業者になります。
その為、建物を売却した際に建物代金に対して消費税が掛かります。

1500万円の建物の消費税は120万円です。
年間1000棟売却している業者さんであれば120万円×1000棟=12億円の消費税です。
800万円であれば8億円です。

4億円の節税になります。

こういった理由から土地建物の売買金額の内訳を出す際に建物の価格を低く出す業者さんがいます。
建売業者さんも一応根拠があって建物金額を出していますので違法に低く出しているわけではないのです。

建物価格が低くても手抜き工事や使われている部材が極端に安いわけではありません。

覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。