おはようございます。
松崎です。
今日が連休最終日です。
残念な様な早く仕事に行きたい様な・・・
そんな感じです。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

昨日のブログで注文住宅の場合、土地から先行で決めるのか?
それとも建物先行で決めるのか?
というお話をしました。

今日は、同時進行でなく土地先行で進めたお客さんの失敗事例をお話ししたいと思います。

実は、このお客さんがかなりの優柔不断で理屈っぽい人でした。
しかも理屈をさらにこね回す様な人・・・

打ち合わせも毎回4時間コースでした。

そんなお客さんが2年かけて土地を見つけて契約してきました。
土地先行で進めて決済まで終わり、ようやく自分に所有権が移り、これから建築会社探しです。

3社ほどの建築会社に絞るまで3ヶ月かかりました。
それから1ヶ月後ようやく建築会社が決まり契約し建物の本格的な打ち合わせに
入って行きました。

ハウスメーカーさんなどで契約した場合、請負契約から建物の着工まで大体3ヶ月くらい
かかります。

間取りを決めて、設備を決めて色を決めて・・・
と打ち合わせをしていくと大体3ヶ月くらいです。

このお客さんは着工まで6ヶ月かかりました。

土地の決済を行ってからここまで10ヶ月、建物の完成まではあと4ヶ月です。
そうなると土地の決済をしてから14ヶ月ということになります。

実は、土地の融資実行をしてから1年以内に建物を完成させ建物分の融資実行が
できない場合、土地の融資金額の一括返金を求めてくる銀行があるのです。

どう言う事かというと
注文住宅の場合、土地の金額と建物の金額を合わせて融資申込みをします。
土地2000万円で建物が2000万円なら4000万円融資申込みをします。

このお客さんも建物の大体の金額を提示して5000万円融資申込みをしました。

そのうち、土地の引き渡しの時に2200万円を融資実行して残りを建物が
完成した時に2800万円を融資実行する予定でした。

この様な場合、銀行によっては土地の融資(2200万円)をしてから残りの建物融資の
2800万円を融資するまでに1年以内とルールが大体どこの銀行にもあります。

このお客さんは、建物完成までに1年を超えてしまう事になり銀行が土地の融資金2200万円を
一括で返してくれと言ってきました。

そこで相談があり私の方で他の銀行で借り換えて難を逃れました。

この様に土地の融資を行ってから建物の融資まで1年以内と決められている場合が
あります。
土地先行で後から建築会社を決めてようとして時間がかかってしまい1年を超えない様に
気をつけましょう。

なので土地と建物は同時進行で進められるのであればベストです。

同じ失敗をしない様に気をつけましょうね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。