おはようございます。
松崎です。
今日から16日まで夏休みです。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

住宅ローンの審査にコネなどは通用しない。
これは以前もブログで何度か話しました。

会社の社長が「A銀行の支店長を知っているから紹介してやる」といっても審査が有利に運ぶことは
ほぼありません。

なのでそんなコネは基本的に通用しません。

しかし提携は、違うのです。
銀行と建築会社や不動産会社が銀行と業務提携する。

これは一定の効果があるのです。

例えば、規模の小さい不動産業者と大手不動産業者が同じ銀行に審査を出した場合に
小規模の不動産会社で審査に出したら否決だったけれども大手不動産業者が出したら審査の承認がもらえた・・・

この様な事があります。

銀行もお得意さんには弱いのです。
と言うのは冗談ですが、大手不動産業者のことを信用して審査が有利に働いています。

審査の承認以外にも優遇金利が有利に働く場合があります。

例えば、小規模の不動産業者を介して銀行審査を出したら金利の優遇幅が▲1.7%だったが
大手不動産業者を介して審査をしたら金利の優遇幅が▲1.85&%だった・・・

こう言う事もあります。

銀行によっては、一定の士業からの紹介だと審査が有利に働くことのある銀行もあります。

知り合いの紹介や会社のメインバンクに声を掛けても効果は薄いので上記の様な事があることを
覚えておきましょうね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。