おはようございます。
松崎です。
今日は、1日事務処理になりそうです。
要領よくこなしていきたいとおもいます。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

先日、節税目的購入したタワーマンションの相談を受けました。
相談の内容は、売却の時期に決まりはあるのか?という相談です。

少し前までタワーマンションが相続税対策になると言われていましたね。
実際今でも対策にはなるのですが数年前に比べると税務署がしっかり目を光らせています。

タワーマンションの節税は現金などをタワーマンションに置き換えることで効果があります。
例えば現金を2億円持っている場合は、相続時には2億円がそのまま相続財産として評価されます。

現金は額面がそのまま相続財産額になります。
では1億円分でタワーマンションを購入したとします。
不動産は購入時の価格が相続財産の評価額にはなりませんのでこうなります。

1億円で購入したタワーマンションが評価額2000万円とかになります。
そうなると残しておいた現金1億円とタワーマンションの評価額が2000万円で1億2000万円になります。

相続財産額を8000万円減らす事が出来ました。

これが相続税の節税対策に有効的になると言うことですね。
今回は細かい計算はしませんが。

タワーマンションは賃貸に出しても良い値段で貸すことが出来ますし目減りしにくい財産なので売却の際も言い値段で
売却できると思います。
なので1億円で購入しても、また1億円で売れる可能性があるのです。

そうすると現金をうまく相続できてしまいます。

今回のお客さんの質問は、売却の時期でした。

この売約時期は難しい。
特に法律で何年保有しなければならないという決まりはないのですが、売却の時期によっては税務署から税金逃れと
判断されタワーマンションの相続財産評価額1億円を2000万円ではなく購入時の価格の1億円とされてしまう判例があります。

そうなるとせっかく2億円の相続財産を1億2000万円に減らしたのに2億円に逆戻りしてしまいます。

去年タワーマンションを購入して今年に相続が発生してタワーマンションを相続してその1年後に売却したら
上記の様に税務署から税金逃れと判断されてしまった・・・

という事があり得るのです。

タワーマンションは確かに節税に効果がありましたが上記の様な事もありますので慎重に検討しましょうね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。