おはようございます。
松崎です。
今日は、住居兼賃貸のプロデュースをしたお客さんの竣工に立ち会ってきます。
楽しみです。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

最近、投資用マンションの相談が多くなってきています。
投資用マンションといっても1棟ものではなく区分所有のワンルームマンションです。

どんな相談かというと借換えや購入の相談です。
相談者のほとんどがサラリーマンです。

もともと販売業者がターゲットにしているのがサラリーマンなので
サラリーマンからの相談が多いんですね。

実は、ワンルームマンションの借換えは結構難しい。
難しいと言っても単にワンルームマンションへ融資を行う銀行も少ないのが
理由です。

どこの銀行でもワンルームマンションへの貸付をしてくれるかというと
そうではないということです。

投資用のローンはあるけれどもワンルームはちょっと・・・

という感じです。

そのため限られた銀行だけになってしまうので借換えが厳しいのです。

そして購入・売却の相談も多いです。
購入時に大切なのは出口戦略とよく言います。
出口戦略とは売却する時のお話ですね。

売却時にどのくらいの価格で売れるのかということですね。

それも大切なのがもっと大切なことがあります。
ワーストシナリオが起きた時に自分でコントロールできるのか!?
という点です。

15年後に1000万円で売れると思っていたけど全く売れなかったら?
売れたとしてもローン残債を大きく下回ったら?

このワーストシナリオが起きた時に自分ではどうにもならない!
となるのであれば購入はしない方がオススメです。

投資を行う時は出口戦略とワーストシナリオだけは考えて動きましょうね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!
【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】
メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。