おはようございます。
松崎です。
今日は、湘南の海に行ってBBQです。
湘南は地元です。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

先日、住宅ローンの相談でこんな話しをしました。

借入当初は奥様の名義で住宅ローンを借りて、その後ご主人名義に切り替える。
これって可能なのでしょうか?

奥様が住宅ローンの名義人と言うことは所有権も奥様のものになります。
それを後からご主人名義に切り替えると言うことは奥様の財産をご主人に渡した事になり
贈与になります。

なので基本的に財産をもらったご主人に贈与税が発生します。

贈与税の税率は高いですからね。
不動産などの大きな財産を贈与すると数百万円の贈与税が掛かることも普通にあります。

では、奥様名義の不動産を非課税でご主人に移すことは出来ないのか?
となると方法が何もないわけではない。

1つは、婚姻期間が20年以上の夫婦間で行う居住用不動産の贈与です。
基礎控除の110万円の他に最高で2000万円までの財産を贈与することが出来ます。

これを利用すれば2110万円までは非課税でご主人に贈与することが出来る。

もう一つは、負担付き贈与です。
単純にプラスの財産だけを贈与したのでは贈与税が掛かります。
これをマイナスの財産と一緒に渡すと贈与税が掛からない場合がある。

例えば、土地建物の財産が2000万円だったとして住宅ローンの残債2300万円と一緒に贈与をする。
こうなると財産は差し引きしても▲300万円になります。

マイナスの財産を贈与したことになりますので贈与税が発生しないのです。

ただ、住宅ローンの返済中は住宅ローンを借りている銀行とも調整が必要になります。

行う前には銀行や税理士にも相談しながら進めましょうね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。