おはようございます。
松崎です。
今日も暑そうです。熱中症には注意ですね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

昨日、フラット35は融資額の上限が8000万円で受け付け銀行によっては+αで借りることが
出来るとお話ししました。

そしてちょっとだけフラット35を利用する場合の基本的な条件のお話をしました。
床面積や融資額の条件などです。

この辺の基本的な融資条件はホームページにも書いてあるのですが
載っていないこともあります。

それは総工事費の事です。

フラット35は、土地建物の工事費が1億円を超えると取り扱い不可になるのです。
建替えの人は建物の代金が1億円を超えると取り扱いが出来なくなります。

例えば
土地が5000万円 建物が5100万円 合計 1億100万円
これがダメなんです。

フラット35の融資額の上限は8000万円ですから自己資金で2100万円出して
フラット35で8000万円、自己資金で2100万円の合計1億100万円にしても
ダメなんです。

融資額を上限内に収めてもダメなのです。

建替えの場合も同じです。
建築費が1億円を超えていると取り扱いが不可になります。

この様に銀行には商品概要に書いていないルールなども存在します。
勤続3年以上と書いてあっても1年未満でも取り扱いが可能な場合は、たくさんあります。

住宅ローンを借りる際に「うちは条件にはまらないなぁ〜」と思っても一度相談はして見ましょう。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。