おはようございます。
松崎です。
今日は、つくばからブログを発信しています。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

昨日、ハウスメーカーの営業マンから住宅ローンの相談を受けました。
2年前に債権が”異動”している案件です。

おさらいしますが、債権が異動していると言うことは、世間で言う【ブラック】という状態です。
ブラックリストとか呼んでいることもありますよね。

その状態の事です。

債権が異動するというのはどんな状態かというと、A銀行からお金を借りていたけどお金を返さずにA銀行がお金を返してもらう権利(債権)を
Bに譲渡した状態を言います。

これが債権”異動”です。

基本的にこの状態では住宅ローンを借りることは不可能です。
元々借りていたお金を返していないわけですからね。

銀行としては、住宅ローンを貸して返済してもらえなかったら大変です。
そうならないために審査がありしっかり返済してもらえるであろう人に住宅ローンを貸します。

債権異動は住宅ローンが借りられない。
基本的にはそうなのですが、”基本的”にというお話です。

例外はあるのです。

どんな状態が例外かというと例えばこんな状態です。

引き落としが出来ず、債権者からの手紙も引っ越していて届かず電話番号も変わっており連絡が取れず債権者が
お金を借りた本人と全く連絡がとれず債権異動になってしまった・・・
そして、お金を借りていた本人の他の口座には引き落とし以上に預貯金があり生活に支障が無い状態だった。

この様な場合は住宅ローンの審査を通せる”可能性”があります。

実際に上記の様な状態で審査を通してもらった事もあります。

もし債権異動している方で上記の様な状態だった人は一度相談してみる価値はありますね。

覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。