おはようございます。
松崎です。
今日は会社をお休みしてBBQです。
飲みすぎないようにします。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

先日、借り換えをしたお客さんから繰上げ返済についてご相談を受けました。
繰上げ返済を行うと支払う期間が短くなる・・・
支払い利息も少なく済む・・・

確かにその通りなのですが実は押さえておきたいポイントがあります。

ご相談のあったお客さんから少し預貯金に余裕があるので100万円繰上げ返済を
したいと言われました。

この時に私はこんな質問をしました。

「ちなみに毎年繰上げ返済を行うとしたら毎年いくら繰上げ返済できますか?」

この質問にお客さんは毎年70万円くらいならできる。
と言われました。

こんな時に押さえておきたいポイントは借りている住宅ローンの金利です。
この金利によっては毎年繰上げ返済をしたほうが良いのか、それとも何年か分を
まとめて繰上げ返済をしたほうが良いのかが分かれます。

このお客さんの金利は10年固定で0.5%です。
この金利だと毎年70万円繰上げ返済のも10年後に700万円繰上げ返済するのも
支払い利息に大差が出ないのです。

なぜかというと金利が低いからです。

これが今、2%で住宅ローンを借りています!
という話であれば10年後とかでなく毎年繰上げ返済をしたほうがお得です。

金利が高いからです。

最近は金利が低いので毎年繰上げ返済やボーナス払いをしてもさほどに効果が出ないのです。

皆さんも繰上げ返済やボーナス払いをする場合は、しっかりシミュレーションをしてもらい
繰上げやボーナス払いをしない場合のシミュレーションと比較してみましょうね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!
【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】
メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。