おはようございます。
松崎です。
今日は、保険会社さんとゴルフです。2日連続です・・・

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

中古物件を購入する際に皆さんは築年数は気になりますか?
と聞けばほとんどの人は気になると回答すると思います。

中古物件を購入する際に一つのポイントが旧耐震基準か新耐震基準かです。
不動産を購入する際にも重要事項説明書に耐震診断を行ったなか否かという項目があります。

では、旧耐震基準と新耐震基準とは何でしょうか?
まず、この2つは昭和56年6月1日で線引きされ、この日を境に建築基準法の施工令の改正が
あり

昭和56年5月31日以前に建築確認を受けたものが旧耐震基準
昭和56年6月1日以降に建築確認を受けたものが新耐震基準

となっています。

旧耐震基準は、震度5強程度の揺れでも建物が倒壊せず、破損したとしても補修することで生活が可能な構造基準として設定されている。
それに比べて新耐震基準は震度6強~7程度の揺れでも倒壊しないような構造基準として設定されている。

これだけ見ると旧耐震基準は震度5以上になってしまうとどうなってしまうのか!?
という不安もありますよね。

現に大きな地震が来た際に倒壊や大破しているのはほとんどが旧耐震基準の建物です。
そうなるとやはり旧耐震基準では不安だから新耐震基準!

と思うかもしれませんが全ての旧耐震基準の建物がダメなわけではありません。
旧耐震基準の建物でも耐震診断を行い必要な耐震補強や改修工事を行っている建物もあります。

旧耐震基準の建物が必ず倒壊したり大破するわけではありませんが、やはり耐震補強や改修工事が行われている
建物の方が安心ですよね。

特に都内の方は元々の価格が高いため予算によっては旧耐震基準の建物しか手が届かない事もあると思います。
そんな時はこの話を思い出してくださいね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。