おはようございます。
松崎です。
今日もあいにくの天気ですが、ハウスメーカーさんの部長とゴルフに行ってきます。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

住宅ローンの審査をする際に2年〜3年分の収入状況おを提示します。
当然理想は、年々収入が上がっている事ですが、たまに年収が去年よりも下がっている
時や大幅に上がっている事もある。

先日も住宅ローンのご依頼を頂いたお客さんの年収が前年度よりも175%上がって
いました。

ほぼ倍ですね。

こうなると逆に銀行は気になってしまう。
なぜこんなに年収が上がったのか??

役職が上がった、会社の経営状況が良いなどの理由は問題ありませんが
残業が多かった、休日出勤が多かった、営業歩合が多かった。

などは毎年変動する可能性がありますので銀行は結構嫌います。

逆に年収が下がっている場合も同様に銀行から理由を聞かれます。
わずかな減少であれば良いですが前年よりも20%以上下がっていると銀行も
黙ってはいません。

ネガティブな事が理由だと審査にも影響が出ます。

この様に年収は大幅アップも理由を聞かれますし大幅な減少も当然聞かれます。

減少はなんとなく想像できると思いますが大幅に上がっても、上がった理由が銀行の嫌いな
安定せにかけるものだと審査に影響は出て来ます。

年収が下がるだけでなく大幅アップもマイナス評価をされる事もあるんですね。

覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!
【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】
メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。