おはようございます。
松崎です。
今日は、不動産投資の相談でお客さんのご自宅へ伺ってきます。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

先日、こんな事がありました。
住宅ローンの本審査も数ヶ月前に終了し後は融資実行をするための
金銭消費貸借契約(以下、金消契約)を残しているだけでした。

建物の引き渡し日も決まり金消契約の段取りをしていたらお客さんから
「融資額を300万円上げたい!」と連絡がありました。

審査も終了している状態で融資額を上げることは出来るのでしょうか?

答えは、出来ます。

しかし、再審査になる可能性が高くなります。

最初に審査した時のように書類を集めなおしたりとかはありませんが
再審査ということは当然「ダメ!」と断られる場合もあります。

年収の問題から返済比率オーバーだからそもそも再審査も引き受けられない。
と言われることもあります。

後で困らないためにも融資額は審査の段階で多めにしておくのも一つの方法です。

融資額は後で上げるのと下げるのでは、全然下げるほうが簡単です。
なのである程度余裕を持った融資額で審査をしておく方が良いのです。

今回のお客さんは、もともと自己資金割りが多かったのでサクッと300万円の
増額ができましたが、きわどいお客さんの場合は融資額の増額は断られることもあります。

後で、資金難に落ちない様に審査の段階からある程度余裕を持った融資額で審査をする事と
資金計算もしっかり精査してもらいましょうね。

後で困らないために気をつけましょうね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。