おはようございます。
松崎です。
今日は午前中のアポの後は事務処理に励みたいと思います。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

以前、こんなお客さんがいました。
中古マンションを購入したお客さん。

売主さんはお金にだらしがなく管理費や修繕積立金を滞納していました。

引渡しの際に確認した滞納金が管理費と修繕積立金を合わせて11万円。
この11万円を引渡しの際に精算しないで取引を終えたそうです。

ここで一番のミスは仲介会社が11万円の管理費等の滞納金をその場で精算しなかったのが
後で大きな問題を生みました。

お客さんも前所有者が滞納した管理費・修繕積立金なので気にしなかったようです。

引っ越しをしてしばらくすると管理組合から前所有者の滞納していた11万円の督促状が届きました。
引渡しの際に後日精算すると言っていた11万円を前所有者は精算していなかったんですね。

まぁ、お金にだらしがない人なので滞納している11万円を払わないかもしれない!
というのは想像できますよね。

上記でも書きましたが仲介会社がその場で精算させなかったのが大きなミスです。
そして、このお客さんも甘く見ていました。

前所有者の滞納金がまさか自分に降りかかるとは思ってもいなかったのです。

マンションの場合、区分所有法で前所有者が滞納していた管理費なども新しい所有者が払うことになります。
これを特定承継人と言います。

一般的には払っていない人が払う義務があるのですがマンションの場合は違うのです。

これにより新しく購入したお客さんが11万円を払うことになってしまったのです。
売主さんとは連絡がつかなかったそうです。

マンションを購入する際は、前所有者の滞納金には注意してくださいね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。