おはようございます。
松崎です。
今日は午後から都内で打ち合わせがあります。
その後、地主さんのところへ行ってきます。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

先日、こんな質問を建築の営業マンから受けた。
家を建てるのにおばさんが1000万円を援助するがどのように処理をしたらいいのか?
という話でした。

おばさんというところがポイントですね。
父や母、祖父や祖母などの直系尊属からの贈与であれば非課税枠があるのだが
さすがにおばさんでは非課税枠がない・・・

営業マンの聞きたいことは、おばさんからの1000万円をもらっても贈与税が
かからない方法がないか?

という相談でした。
答えは簡単なのですが、おばさんも渡した1000万円分の持ち分を持てば
贈与になりません。

しかし営業マンの希望は、おばさんが持ち分を持たず本人が贈与税がない!
というのが希望でした。

はっきり言ってないです。
1000万円の非課税枠は、親か祖父母になります

なのでおばさんからもらった1000万円はおばさんが持ち分を持つかもらった本人が
贈与税を払うかになります。

ただし、もらったのではなく借りたのであれば、おばさんが持ち分を持つこともなく
もらった本人も贈与税を払う必要がありません。

しかし、後から税務署に突っ込まれない様にしなければなりません。

この場合、しっかり金銭を貸し借りしたという契約書を残し毎月しっかりと返済を
行う必要があります。

それも手渡しで返済ではなく通帳に記帳しておいた方がいいです。

もし直系尊属以外の方から援助をもらう時は気を付けてくださいね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!
【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】
メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。