おはようございます。
松崎です。
最近夏っぽくなってきましたね。
今日も暑くなりそうです。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

先日、こんな案件の依頼を受けた。

親戚の土地に家を建てる。
普通にある案件です。

ではなぜ弊社に依頼があったかというと・・・
土地に複数の差押が入っていたのです。

入っていたのです。と言うことなんで過去にと言うことですね。

ハウスメーカーさんの方が銀行に審査を出したら入り口の時点で断られたそうです。

このお客さんの親戚の方の差押の内容様々・・・
リース会社、銀行、保証会社、市区町村。

現在は、差押が抹消されています。
すでに解消されているのです。

それなのに銀行は、審査を受け付けてくれなかった・・・

銀行からすれば物上保証人の親戚の方の土地に住宅ローン申込者が家を建てるのですが
親戚の方がまた支払い関係を滞納すれば差押が入ります。

銀行としては、リスクが高くなりますよね。
お金を貸した土地に差押が入り万が一の時に売却できず競売になってしまったら売却金額も
普通に売却するよりかは低くなりますので銀行が回収できる貸付金が少なくなります。

その為、差押が繰り返し入っている物件などは嫌がるんですね。

ただ、差押が入っていると必ず銀行は住宅ローンを貸してくれないかというとそんな事はない。
銀行によっては、本人に差押が入っていなければ大丈夫という銀行もある。

本人以外の差押の時は数も頻度も関係なく差押が解消されていればOKという場合もある。

差押が入っているからと言って諦めなく持て良いんですね。
覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。