おはようございます。
松崎です。
今日は一日スケジュールがタイトです。
ミスの無いようにこなしていきます。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

昨日、こんな相談を受けた。

夫婦収入合算でフラット35で借入をする場合、団体信用生命保険(以下、団信)は夫婦両方とも
加入した方が良いのか?

という相談でした。

まず、フラット35の場合は団信の加入が任意になっています。
加入しても良いし加入しなくてもいい。

ただ、加入しないと何かあったときは怖いですよね。
住宅ローンが丸々残ってしまいますから。

加入しない場合は、民間企業の生命保険に加入するのが一般的です。

その理由は、フラット35の団信が割高だからです。
フラット35の団信に加入し支払いをするよりも民間生命保険会社の生命保険に加入する方が
支払い総額は安い場合があります。

その為、フラット35の団信には加入せず民間生命保険会社の生命保険に加入する人も多い。

今回は、民間生命保険会社の生命保険ではなくフラット35の団信に加入しなければいけない理由もあったので
団信の料金が高くても加入する話しになっていました。

ここで質問内容に戻りますが、ご主人お一人で加入すれば良いのか夫婦で加入した方が良いのかというお話です。
ご主人お一人で加入した場合は団信の料金が住宅ローンの残債額に応じて1000万円あたり35,800円/年がかかります。

これが夫婦で団信に加入(夫婦連生団信)すると住宅ローンの残債額に応じて1000万円あたり55,800円/年がかかります。
団信の料金額1.56倍になるのです。

ちょっと高いですね・・・

今回のお客さんの場合は私のアドバイスととして奥様には団信を掛けなくても良いのでは?
というお話をしました。

ご主人お一人でよい。
と言う判断です。

その理由は、奥様に万が一の事があってもご主人お一人の収入で生活していけるからです。
それが逆で奥様の収入がないと生活していけない家庭の場合は、夫婦で団信(夫婦連生団信)に加入して
奥様に万が一の事があった場合でも住宅ローンの残債が0円になる様にしておいた方が良いのです。

この様に団信も家庭環境に合わせて加入する事をお勧めします。

参考にしてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。