おはようございます。
松崎です。
最近調子よく厳しい案件のローンが結構通っています。
今年は、勝率が良いです。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

以前、こんな案件を受けました。

既に住宅ローンで住宅購入をしておりその物件を売却して新しい家を購入する。
これだけを聞けば普通の案件です。

でも弊社には普通の案件は来ないですからね。
かなりややこしい案件です。

既に離婚をしており以前購入した家は元嫁が新旦那と住んでいて新旦那に売却をして
新しく再婚した奥さんと新居を購入するというかなりややこしい案件です。

こんな案件は希です。

ここで何を話したいかと言うと今日のキーワードは”離婚”です。

実は離婚をしている人に対して銀行は審査が慎重になります。
慎重になる理由は「隠れ債務」というものの確認です。

隠れ債務とは、慰謝料や養育費のことです。

慰謝料や養育費は住宅ローンの審査の際に返済負担率に含まれるんですね。

仮に慰謝料や養育費は払っていない!
と言ってもそれを証明出来るようなエビデンスを要求されることもあります。

離婚に際しての協議書などの提出を求められます。
本当に慰謝料や養育費が無いのか??

という事を確認したいのです。

なので離婚に関してふれない方が無難なのです。
離婚してますか?
と聞かれることもありませんので特に話さない方が良いんですね。

聞かれたら答えないと行けないかもしれませんが聞かれなければ自ら話す必要はありません。

以前、私のお客さんで自らしゃべってしまいローンが危うくなったお客さんがいました。

余計な事はしゃべらない。
特に離婚なんて事は聞かれなければ黙っていた方が得策です。

覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。