おはようございます。
松崎です。
今日は、比較的予定に余裕があります。
こんな日も良いですね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

みなさんよく勘違いをしているのですが、年収が多いと住宅ローンに
通りやすいと思っていませんか?

実を言うとそんな事はない。
支払い遅延があるとかは年収に関係なく審査に落ちやすくなるのですが
年収が多い人には、共通してあるものが欲しいのです。

それは、預貯金です。

年収が多ければ借りれる金額も高くなる傾向です。

年収2000万円の人が2000万円くらいの中古住宅を購入する事は少ない。

少なからず6000万円、7000万円、8000万円・・・と年収に比例して
購入物件も借入額も高くなる傾向です。

そんな時に気になるのは預貯金です。

年収2000万円ももらっていて預貯金50万円??

そんなに年収があるのに50万!?
そこから連想されるのは、浪費家??

以前、私のお客さんでも年収が1800万円もあるのに預貯金が100万円くらいしかなく
銀行から突っ込まれた事がありました。

年収が多いのであればある程度預貯金がある!
と銀行は思っている事が多いです。

年収が高いという事より堅実に貯金をしているのかという事が評価されます。
年収が1000万円だけど預貯金が50万の人より年収400万円だけど預貯金が500万円
ある人の方が審査上有利な場合もあります。

銀行は申込者のこういうところも見ているんですね。

覚えておいてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!
【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】
メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。