おはようございます。
松崎です。
今日は、一日溜まった仕事を処理したいと思います。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

先日、ご相談来たお客さんでこんな事がありました。
そのお客さんはご自宅を売却して新しい土地を購入して戸建てを建設予定でした。

無事にご自宅の売却先も見つかり契約して希望の土地も見つかり購入の契約も済ませました。

その状況で購入予定の土地ですったもんだありました。
すったもんだというのは購入が出来なさそうな状況になってしまったのです。

住んでいたご自宅は売却先も見つかり引き渡さなければいけない状況で購入先の土地が
手に入らない・・・

こんな時、どうすれば良いのでしょうか?

本来この様なときは、停止条件付きという特約を付けます。
どんなものかというと、売却するご自宅の契約書に購入先の土地が購入できない場合、売却するご自宅の
契約も白紙にする。

という内容です。

今回、土地を購入する目的は新しい家を建てるためです。
ご自宅を売却するのは新しい家に引っ越すためです。
そもそも土地を購入できなければ家を建てることも出来ません。
という事はご自宅を売却する意味がなくなります。

そんな時のために停止条件付きという特約が必要なります。

今回のお客さんの売却時の契約書には、購入物件のローンが通らないときは白紙解約するという
特約が入ってましたが、出来ればローンだけに限らず購入できない場合には、白紙解約という
内容が好ましかったです。

ローンは通ったけど購入予定の土地の売主が違約解約になった場合、土地も購入できないし
ご自宅も売却され住む場所がなくなります。

売却と購入がある場合は、停止条件付きの特約が必要だと言うことを覚えておきましょう。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。