おはようございます。
松崎です。
今日の夜は久しぶりのメンバーとの飲み会です。
楽しみです。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

昨日、住宅ローンを借りる際の保証料の話しをしました。
その時に超過保証料というお話を最後にしました。

保証料は一般的に35年の借入の方で100万円あたり20,610円くらいとお話ししましたが
30,000円を超えることもあるとお話ししました。

今日は、どんな時に超過保証料が発生するのかお話ししたいと思います。

まず超過保証料が発生すると言うことは、通常の20,610円では保証会社が保証できないと言うことです。
通常の20,610円で保証が出来ないと言うことはリスクが高いことを意味します。

保証会社が割に合わないと言うことですね。

それがどんな時かというと2パターンあります。

一つは物件の担保評価が低いとき。

住宅ローンを貸す際に購入物件の担保評価がいくらなのか銀行は査定します。
例えば、購入物件が3000万円だとします。
銀行が行った査定金額が1000万円だとします。

査定額が1000万円しかない物件に3000万円貸すのはリスクがありますよね。
保証会社は申込人が住宅ローンの返済をしなければ銀行に住宅ローンの残債をお客さんの代わりに
一括で支払います。

その後お客さんに一括で返してと請求しそれでも返してもらえなければ競売で強制的に売却をします。
その売却したお金が保証会社に戻ってきます。

その時に売れた価格が高ければ高いほど保証会社は資金回収が大きく出来ますよね。
なので査定金額が購入金額よりも低すぎるのは保証会社が満額返済を受けられる可能性が低くなるため
超過保証料が掛かります。

そしてもう一つのパターンは個人の属性です。
普通の人よりも勤務先が不安、支払いに不安があるなど借入をする本人の問題です。

「この人に貸すのはリスクがあるな〜」
という時に超過保証料が発生します。

上記の様に超過保証料が掛かると資金計画が変わります。
借入額によっては超過保証料が何十万にもなります。

そんな時に超過保証料を避ける方法も実はあります。

そのお話は、明日ご紹介しますね。

ではでは!!

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。