おはようございます。
松崎です。
今日は外出予定がないので事務作業に没頭したいと思います。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

土地を購入して建物を建てる場合、その地域の法規制や地区計画などクリアしなけれb
ならない事がたくさんあります。

この法規制や地区計画などを気にしながら家を建てる事になり、これに違反すると
建物の建築申請が下りないので建物が建てられないのです。

以前、私のお客さんでこんな事がありました。

法規制も地区計画もクリアし役所の建築申請も許可が下りたため建築が始まると
裏の家からクレームが入りました。

今回建築しているお客さんの家は北側に道路があり、クレームのあった裏の家とは
南側隣接している家でした。
なので裏の家の方は南側道路という事です。

どんなクレームかというと建物の配置が以前建っていた古家よりも新しい家が南側に
寄っていたんですね。

裏の家は日当たりが悪くなるからどうにかしろ!
というような事を言ってきました。
しかし、隣地今日からからは3mほど空いており特に違法性はありません。

しかも日当たりが悪くなると言われても裏の家からしたら北側に家が寄ってきたのです。

南側に家が迫ってきたならまだしも北側に家が迫っても日当たりはさほど関係ありません。
なのに日当たりが悪くなって生活ができないと主張してきました。

こちらは何も違法性もなく、隣地との南側の境界線からも3m離れています。

青信号を渡っていたら「渡るな!」と怒られたようなものです。

家を建てる時には、近隣に対してもこういった事も考えないといけないんですね。
建物が完成したら近隣の方たちとはお付き合いが始まりますからね。
いきなり揉めてしまうのも避けたいところです。

家を建てる時は参考にしてみてくださいね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!
【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】
メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。