おはようございます。
松崎です。
3連休もいつもの事ながら仕事です。
こんな生活も10年経つのでなれました。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

弊社はフラット35の取次店になっているのでフラット35の申し込みが不動産会社さんや建築会社さんから
入ってくるのですが建築会社さんの資金計画はしっかり出来ているものから全然ダメなものもあります。

何がダメかというのと隠している数字が多く過ぎると言うことです。

しっかり出来ているものはそれほど問題ないのですが、ダメな資金計画は数字がはっきりしていません。

例えば下記の項目で数字が記載されていないことが多いです。

・地盤改良
・外構工事
・照明
・カーテン
・エアコン
・火災保険
・融資関係費諸費用

空欄、見積もりによる、計画による、別途などなど金額が記載されていません。

フラット35に関しては弊社は、融資申し込みを受け付けるだけですが
明らかに後でお客さんと揉めてしまうのでは?

と思ってしまいます。

最近、たまたま私のお客さんで上記の様な事がありましたので建築会社に連絡したら
建築費以外、みてません。
お客さんにも言ってません。

と言われました。
こんな事ってあるのか!?

と思ってしまいました。

一般的には建築会社さんは、建築費+諸費用で資金計画を作成し全体の予算をお客さんに
つかんでもらうのは当たり前です。

それをやらないというのはちょっとあり得ないですね。

建築会社さんの作る資金計画で上記の様な項目で金額記載されていないときは
なるべく記載してもらいましょう。

全体の予算を把握する上でも大切です。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。