おはようございます。
松崎です。
今日はあいにくの天気ですが取引仲間とゴルフに行ってきます。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

住宅ローンの申し込む際に団体信用生命保険(以下、団信)に加入するのは皆さんも大体ご存じだと思います。
この団信に加入できなければ住宅ローンを借りることは出来ない。

これは基本的なお話です。

しかし、持病をお持ちの方はどうなるのだろう!?
ちょっと今日はそこをお話ししたいと思います。

まず皆さん勘違いされているのが持病があると住宅ローンを借りられないと思っている人が多いです。
そんなことはありません。

持病があっても十分住宅ローンは借りられる可能性があります。
私のお客さんでも、糖尿病の方もいれば高血圧症の方もいます。
国指定の難病の方もいました。

しかし、いずれも住宅ローンを借りることが出来きました。

一般的な生命保険であれば加入できない(謝絶)のですが住宅ローンの団信は加入できました。
団信は一般的な生命保険に比べて審査は緩いです。

なので生命保険の加入に断られた方でも団信の加入は出来ることもあります。

実は、団信の審査がただ緩いだけではなくて団信の告知書には書き方のコツがあるのです。
ちょっと書き方を変えただけで団信に加入できる確率も変わるのです。

先日も、生命保険の加入は出来なかった方が住宅ローンの団信は加入できた例もあります。

書き方のコツはまた明日ご紹介しますが、持病があっても住宅ローンの加入は
諦めなくても大丈夫なのです。

覚えておいてくださいね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。