おはようございます。
最近、寝ているときにこむら返りになる松崎です。
死にそうなぐらい痛いです

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

最近、依頼の多い親子間売買のローン付け。
昨日も相談がありました。

親子間売買で住宅ローンを利用したいときに大前提として購入予定物件に購入予定者が
住んでいると銀行は敬遠します。

購入者がそこに住んでいると住宅ローンが使えないことが多いんですね。

まずはこれが大前提になります。
そして銀行はこんな事も言ってきます。

そもそも親子間で売買する必要があるの??

ここにはしっかりとした理由が必要です。
なんとなくではダメなんです。

例えば贈与税が多額に掛かるとか、売却した金額で次に住む家を購入予定とかの
理由が必要です。

そして以前も話しましたが売却する方がお金に困っていない事は絶対条件です。
家の住宅ローンが払えないからとか税金が払えないとかお金に困っているから売却したい
というのは絶対NGです。

これは、債務逃れとみなされ銀行が一番嫌がります。

さらに親族間売買で住宅ローンを利用したときは、不動産会社が仲介として介入していることも
条件としている銀行も多いです。

不動産は高額な取引になりますので当事者間だけの契約を銀行は認めていないケースも
多くあります。

この様に親子間などの親族間売買にはハードルがたくさんあります。

参考にしてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。