おはようございます。
昨日の車での移動距離が200kmを超えた松崎です。
神奈川県内をうろちょろ・・・結構疲れました。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

確定申告を税理士に依頼されている方もいるかと思いますが
税理士の先生によっては、本人が住宅ローンを将来的に組むことを考慮して
申告書を作成してくれる税理士の先生もいます。

例えば、あまり所得金額を下げ過ぎると住宅ローンが借りられなくなるから
ある程度所得額は高くしておきましょう!

と言うような感じです。
こんな感じでアドバイスをくれる税理士の先生であればいいですが
そんな事はお構いなしの税理士の先生もいますし知っていてもアドバイスを
くれない先生もいます。

ありがちな失敗パターンとして本人の税金を払いたくないという要望から
極限まで節税対策を行いその結果所得金額が100万円を下回り住宅ローンが
借りられない・・・

原因は所得金額の下げすぎによるものだったりします。
銀行によっては、青色申告控除の65万円は収入に戻せる銀行もあれば
全く戻せず純粋に所得金額だけで審査をする銀行もあります。

この様に節税対策のせいで住宅ローンが借りられないという人を
たくさん見てきました。

税金は払いたくないけど住宅ローンは借りたい・・・
それは無理な話なのです。

住宅ローンを借りる為の経費だと思わなければなりません。
税金はね。

覚えておいてください。
税金は住宅ローンを借りる為の経費と思っておいてくださいね。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!
【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】
メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。