おはようございます。
結構テレビっ子な松崎です。
家に帰ったらまずテレビです。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

昨日、住宅ローンは1億円以上借りられるけど金利が上がるという
話をしました。

今日は、フラット35のお話です。
実は、フラット35には融資金額に上限があります。

上限金額は8,000万円になります。
それ以上の金額は融資してくれません。

銀行と違い金利を上げたらもっと貸すという事はありません。
8,000万円が上限です。

そしてもう一つ大きなポイントがあります。
フラット35は土地と建物の金額を合わせて1億円を超えると融資不可になります。

どういう事かと言うと
フラット35の融資上限額は8000万円です。
土地建物を合わせて1億1000万円だとします。

自己資金を3000万円入れて借り入れ額を8000万円にする。
という事が出来ないのです。

土地と建物の合計金額が1億円を超えた時点で融資不可。
その案件は取り上げてもらえないのです。

土地と建物合わせて9900万円で自己資金を1900万円いれて8000万円借りる。
これは可能です。

1億円を超えていないから。

この様にフラット35の融資上限金額は8000万円ですが土地と建物が1億円を
超えたら取り扱い不可になります。

土地と建物で1億円越える時はフラット35は利用できませんので覚えておきましょう。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!
【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】
メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。