おはようございます。
今日は、久しぶりに朝から築地にいる松崎です。
美味しいものを食べてきます。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

以前、住宅ローンのお手伝いをしたお客さんでのことです。
もともと住宅ローンが借りれるかは厳しい状況だったのですが、なんとかいける!
と思っていた案件でした。

銀行の選択をしっかりして、ある信用金庫を利用することになり審査を出しました。
最初に受け付けてくれた担当は役職者でした。

審査が始まりしばらくすると担当が代わりますのでこの先からは◯◯宛に電話を
してください。
と言われました。

ここからが大変でした。
交代した担当者は恐らく新人。

とにかく不備が多い。
後から後から書類が追加になりお客さんも段々イライラ・・・。

このままでまずいと思い担当を代えてもらいました。

「まずい」というのはお客さんがイライラしてきたからではなく
このまま行くと審査に落ちかもしれないと思ったからです。

なぜかと言うと住宅ローンの審査には銀行担当者の実力も必要になるからです。

今回の案件はもともと厳しい状況でした。
そんな案件を新人が担当すれば審査に落ちてしまうの可能性が高くなると判断しました。

住宅ローンをうまく通すコツには銀行担当者の実力は大きく影響してきます。
ましてや厳しい案件であればいつも以上に上席者や保証会社を納得させられる
実力が必要になります。

住宅ローンをうまく通すコツには銀行選びの他に担当者選びも大切な要素です。
銀行的に受け付けてくる案件でも担当者の実力がなければ通るものも通りません。

それだけ担当者の実力は必要な要素になります。

この辺は是非覚えていてください。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡

建設業、不動産業、士業、FPの皆さんに役立つ情報を配信中!

【住宅ローン専門家が伝える週一ポイント!】

メルマガを毎週木曜日の朝に配信中!!通勤途中にサクッと読めます。

 

→→【メルマガ登録はこちら】←←

→→【住宅ローンの借り換え、新規住宅ローンのご相談はこちらへ】←←

この内容がお役に立てたら【いいね】ボタンをお願いします。